ジビエレザーマーケットが生まれたわけ

「獣害」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

いま、日本全国ではイノシシやシカによる獣害が社会問題になっています。農作物への被害額は年間100億円。農作物だけでなく、樹皮を食べることによる環境被害も起きています。

シカの繁殖力は高く駆除をしなければ獣害の抑制にならないとされています。

オオカミの絶滅や猟師の減少といった様々な要因はありますが、私達人間が作り出した要員の上で駆除された動物。

そのほとんどは森に廃棄されるか廃棄物として処分されてきました。

ジビエレザーマーケットでは、いただいた命を有効活用しようとその皮を活用しています。

ジビエレザーマーケットが生まれたわけ」への1件のフィードバック

  1. WordPress コメントの投稿者 返信

    こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。